歯周病治療

40歳以上の8割は「歯周病」...

40歳以上の成人80%以上が、歯周病に罹っていると言われています。
歯周病は歯を失うだけでなく、全身の健康にも悪影響を与えます。歯周病が恐いのは、自覚症状のないまま少しづつ進行し、自覚症状が出る頃にはかなり進行してしまっており、進行してしまった歯周病は自然治癒することがありません。また、1本ずつ歯周病になるのではなく、口全体に進行することが多いため、何本もの歯を同時に失うことにもなりかねません。早期治療と定期的な歯科健診が何より大切です。

「歯周病」は、れっきとした危険な病気

歯周病は歯周病菌による感染症ですが、歯周病菌が口の中にいても、すべての人が歯周病になるわけではありません。高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同じように、免疫力や生活習慣などが複雑に関係していると考えられ、その人の生活習慣によって歯周病にかかりやすかったり、治療しても治りにくかったりすることがあります。
歯周病をしっかり病気として理解し、常日頃からのご自身でのチェックやセルフケアをする必要があります。

「歯周病」は生活習慣病~全身疾患

歯周病はお口の中だけではなく、あらゆる全身疾患との関連性が明らかになっています。歯ぐきの出血によって菌が血管から全身に行き渡るので、心臓病、動脈硬化、糖尿病、早産、肺炎、高血圧、インフルエンザ、癌、・・・etc、生活習慣病から全身の疾患に及びます。これほど多くの疾患が歯周病との関係が指摘されていますので、歯周病をたんに口の中の病気とだけ考えるのではなく、危険性を十分に理解することから治療がはじまります。歯科医院も責任重大です。

口臭のチェックと歯科医院で検診を...

口臭予防は現代人のマナーとも言えます。生理的な口臭(空腹時、起床時、緊張時など)は誰にでもありますが、気になる方、心配の方、まずは、歯科医院で検診を受けてみてください。健康への近道かもしれませんので...

 

川崎大師・東門前・大師公園・大師小学校前
Copyright© 2013 高松歯科医院 All Rights Reserved.

〒210-0812 神奈川県川崎市川崎区東門前2-1-11
電話:044-299-0715 URL:takamatsusika.jp