一般歯科【保険診療全般】

歯が痛む一番の原因は「むし歯」

むし歯は、細菌によって歯が溶かされてしまう病気です。初期段階では、痛みもないため気付きにくく、痛み始めたときには、かなり進行してしまっていることもあります。重度のむし歯は、歯を抜かなければならなくなることもありますので、早期治療が大切です。
当院では、できるだけ歯を抜かない、できるだけ削らない治療を心がけています。患者様の歯の寿命を守ることも歯科医の大切な役割ですから、早期発見・早期治療はもちろん、予防にも力を入れています。

様々な全身疾患に影響を与える「歯周病」

歯周病は、プラーク(歯垢)や歯石の中にいる細菌が引き起こす感染症です。歯を失う原因の1位になっている恐い病気で、日本人の40歳以上のおよそ8割が歯周病であるといわれています。
近年では、肺炎、心臓病、糖尿病、早産といった病気のリスク原因になることがわかっています。むし歯と同様、定期的検診により、早期発見・早期治療が肝要です。

入れ歯(義歯)治療・調整

むし歯や歯周病で残念ながら歯を失ってしまった場合は、入れ歯のお世話になることになります。昨今ではインプラント治療も一般的になってきてはいますが、抵抗感がある方が多いのも事実です。当院は、あらゆる金属製・プラスティック製の入れ歯をご用意していますので、ご要望をお聞きしながら長持ちのする入れ歯をご提供しています。その後の調整等も責任を持ってフォローさせていただきます。

根管治療

根管治療(こんかんちりょう)とは、重度のむし歯になった場合でも歯を抜くことなく治療する方法です。重度のむし歯は、神経にまで細菌に冒され、抜歯しなければならなくなってしまいます。歯の神経を取って根管を洗浄し、神経の代わりに薬を詰めてフタをする治療です。当院では、できるだけ抜かないことを大切にしていますので、根管治療は、歯を抜かないで済ます重要な治療です。 患者様にできるだけ負担を掛けない、丁寧な治療を信条にしていますので、安心してお任せください。

噛み合わせ(咬合)治療

生まれつきや生活習慣により噛み合わせが悪い(=不正咬合)ことから、次の3つの症状がある場合、顎関節症かもしれません。
1.あごに痛みがある(顎関節痛)
2.あごを動かすと音がする(関節雑音)
3.口が開きにくい(開口障害)
上記症状に付随して、頭痛、肩こり、首の痛み、腰痛、腕のしびれ、耳鳴りなどが起こります。

 

川崎大師・東門前・大師公園・大師小学校前
Copyright© 2013 高松歯科医院 All Rights Reserved.

〒210-0812 神奈川県川崎市川崎区東門前2-1-11
電話:044-299-0715 URL:takamatsusika.jp